ホームspace製品案内space特注品spaceダウンロードspaceサポートspace会社概要

無期限メンテナンスについて


ツジ電子の製品は様々な研究施設や開発現場においてご利用頂いております。

それらの製品は、装置の一部を構成して使用されていることもあります。

古いものだからという理由で、メンテナンスが出来なくなると装置の稼働に影響を及ぼすこととなります。

ツジ電子は、お客様の装置を止めたくないとの思いから、会社の方針として無期限メンテナンスを掲げております。

実績として約30年前の製品を修理したこともございます。


お問い合わせ: info2@tsuji-denshi.co.jp


現場対応について


J-PARCミュオン科学実験施設での現場配線作業ツジ電子では現場での機器の設置・配線・調整・トラブル対応など、トータルした現場対応力を強化しております。
弊社製品機器はもちろん、既設機器間との配線も対応いたします。お客様ご自身が設置配線までするのは時間がない、面倒、不安、… などのような場合にもお気軽にご相談ください。

(写真提供:KEK物質構造科学研究所)


お問い合わせ: info2@tsuji-denshi.co.jp




チュートリアルコーナー


チュートリアルコーナーでは、製品の概要や機能、操作方法などをPDF形式でわかりやすく説明しています。ぜひご参考にしてください。


サポート


ハードウェア バージョンアップ情報  "ファームウェアのバージョンアップ前に必ずご確認ください"


型 式 バージョンアップ内容
CT08-ER2

CT16-ER2

  • ファームウェアVer1.04以前が搭載されているハードウェアをご使用の場合

ファームウェアを更新してもゲート入力機能の有効・無効設定をご使用になることができませんのでご注意下さい。


上記対応にはハードウェアの変更が必要になりますので、ご希望の場合は下記窓口までお問合せ下さい。


対応窓口: info2@tsuji-denshi.co.jp
CT08-01D~CT64-01D

CT08-01E~CT64-01E

  • ファームウェアVer1.07以前が搭載されているハードウェアをご使用の場合

ファームウェアを更新してもゲート入力機能の有効・無効設定をご使用になることができませんのでご注意下さい。


上記対応にはハードウェアの変更が必要になりますので、ご希望の場合は下記窓口までお問合せ下さい。


対応窓口: info2@tsuji-denshi.co.jp
ER4C-04

ER2C-04

  • ファームウェアVer1.01が搭載されているハードウェアをご使用の場合

ファームウェアを更新しても、Z相信号によるカウンタクリア機能、終端抵抗選択機能をご使用になることができませんのでご注意下さい。


  • ファームウェアVer1.03が搭載されているハードウェアをご使用の場合

ファームウェアを更新しても、終端抵抗選択機能をご使用になることができませんのでご注意下さい。また、ファームウェアVer1.04では、Z相信号によるカウンタクリア機能が一部修正されていますが、ファームウェアを更新しても修正内容は反映されませんのでご注意下さい。


上記対応にはハードウェアの変更が必要になりますので、ご希望の場合は下記窓口までお問合せ下さい。


対応窓口: info2@tsuji-denshi.co.jp

PM16C-04XD (L)

電源遮断時に、まれに保存データの一部が書き換わってしまう不具合現象が発見されました。(2008.11) また、症状は外部接続ドライバの数が多いほど発生確率が上がります。 (8台接続時で100回に1回程度) この不具合が起きた場合、次に電源を入れたときに違ったデータでスタートすることになります。

この問題を完全に回避するには、電源遮断前に「簡単制御ソフト」などでデータを保存し電源立ち上げ後に再書込するか、電源を切らないでおくかになります。

対応にはハードウェアの改良が必要になります。

ご一報いただき、シリアル番号で確認させていただいた上でお送り下さればすぐに対応の上、更に最新版のハード・ソフトを搭載して返送させていただきます。


対応窓口: info2@tsuji-denshi.co.jp


ファームウェア バージョンアップ情報


ステッピングモータコントローラ

型 式 バージョン情報の確認方法
UPM2C-01
  • バージョンアップ情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。 バージョンアップの方法は、 取扱説明書をご覧ください。
PM16C-16
  • バージョンアップ情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。 バージョンアップの方法は、 取扱説明書をご覧ください。
PM16C-04XD (L)
  • バージョン情報は通信コマンド"VER?"で読み出せる他、セットアップ画面でも確認できます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。バージョンアップの方法は、 取扱説明書の「リモートモード編」をご覧ください。
PM16C-04, -04S
  • バージョン情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。上蓋を開けるとROM記号でも確認できます。
  • バージョンアップはROMの交換で対処できますのでお申しつけください。
    ・お客様がROM交換作業をされる場合は10,000円 (税抜価格)で提供いたします。
    ・本体をお送りいただいて弊社で作業する場合は20,000円 (税抜価格)とさせていただきます。
PM16C-02N, -02Z
PM4C-06シリーズ
  • バージョン情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。バージョンアップの方法は、 取扱説明書をご覧ください。


カウンタ・タイマ

型 式 バージョン情報の確認方法
CT08-ER2
CT16-ER2
  • バージョン情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。バージョンアップの方法は、 取扱説明書をご覧ください。
ER4C-04
ER2C-04
  • バージョンアップ情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。 バージョンアップの方法は、 取扱説明書をご覧ください。
CT08-01D~CT64-01D
CT08-01E~CT64-01E
  • バージョンアップ情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。 バージョンアップの方法は、それぞれの取扱説明書をご覧ください。
NCT08-01
  • バージョン情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。バージョンアップの方法は、 取扱説明書をご覧ください。
NCT08-01B
CT08-01B
  • バージョン情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。バージョンアップの方法は、それぞれの取扱説明書をご覧ください。
CT08-01C
  • バージョン情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。バージョンアップの方法は、 取扱説明書をご覧ください。
NCT08-02
  • バージョン情報は通信コマンド"VER?"で読み出せます。
  • バージョンアップはファームウェアをダウンロードしてお客様自身で行えます。バージョンアップの方法は、 取扱説明書をご覧ください。